vol.030 カーネルサンダース

子供の頃、ケンタッキーフライドチキンを腹一杯食べるのが夢でした。

今でこそ気軽に立ち寄れるKFCですが、
田舎町で育った僕にとって、あのチキンは非常にレアな食べ物でした。
ひょっとしたら空想上の食べ物なんじゃないかと思うほど。

街へ買い物に行った母親が、たまにオヤツ代わりにお土産として
買ってきてくれるときくらいしかお目にかかれなかった為
いつか自分でお金を稼ぐようになったら主食として腹一杯食べてみたいという
夢を抱くようになりました。

大学進学と共に上京して、バイトも始めた僕に長年の夢を果たすときが遂にやってきました。
高鳴る鼓動を抑えきれないまま店の前に立ちカーネルサンダースの人形に一礼する。
緊張からくる汗で、握りしめた千円札はクタクタ。
夏目漱石の男前も台無しです。

いよいよ夢が叶う瞬間がやってきました。
さあ何ピースいってやろうか。
5ピース、いや10ピース、いやいや15ピースだろう。
 
 
 
結果、2ピースで充分でした☆
腹一杯になる前に胃がもたれますね。
 
 
さてさて、KFCといえば創業者でもありマスコットでもあるカーネルサンダース。
でも、あの小さく前習えしたポーズってなんか不自然だと思ったことありませんか?
それに、ただ店頭に立たせてるだけではもったいないですよね。

ってことで、もっとカーネルに出来ることがあるんじゃないかと考えました。
題して「カーネル活用術」
  
1


2
 
  
3
 
 
4
 
 
5
もう、カーネル関係無くなってますね。
 
  
さて、そんなカーネルさん、端午の節句のときは鎧兜を
クリスマスシーズンのときはサンタの格好をしてますが
もっとバリエーションがあっても良いんじゃないかなって思いすよね。
こんなのとか↓
6
   
そんなこんなで、これからもKFCに変わらぬ愛を注いでいこうと
わたくし、そのように思っております。
健やかなるときも、病めるときも…。


«vol.41ブックオフ